月別アーカイブ:2012年2月

Androidベースのx86 4.0 RC1:ネットブック、ノートブックやPC上のICS

Androidベースのx86プロジェクトは、この開発によってあなたのx86ベースのコンピュータ上のAndroidを楽しむことができ、このプラットフォームのファンに多くの喜びを与える時間がかかります。

今のプロジェクトを担当するチームは、Android-x86の4.0 RC1、最終的に以前の版で見つかったほぼすべての問題を研磨する-priorリリース候補版の提供開始を発表しました、あなたがネットブック、PC上でアイスクリームサンドイッチを楽しむことができていますポータブル。

この開発の改良と機能はマルチタッチである、無線LAN、オーディオ、ブルートゥース、電子カメラ、プラスハードウェアアクセラレーションOpenFLチップセットIntelとAMDのRadeonなどのGセンサーのサポート。

それはまた、ほとんどのネットブックは、ネイティブ解像度にAndroidベースのx86を実行できることを意味し、KMSと3.0.8カーネルを備えてアンドロイド4.0.3、に基づいて、この奇妙バージョンのV8 JavaScriptのエンジンを有することも可能である。

あなたは打ち上げのすべての詳細があるWebUpd8 もVirtualBoxの中でそれを使用する方法を説明し、そして追加のスクリーンショットを提供している。

フォント

PPA経由でUbuntuの11.10と10.04でLibreOfficeの3.5.0をインストールします。

LibreOfficeの3.5.0が安定した月中旬としてリリースされた、手動でUnityとKDEパッケージを持ついくつかの問題との完全な統合を実現することなく、Ubuntuのをダウンロードしてインストールするために特定のdebファイルを提供した。 さて、その後、私たちは両方のUbuntu 11.10と10.04のバージョンでは、PPAを経由して、その最新バージョンのオフィススイートをインストールすることができます。

ウェブUpd8手動でdebファイルパッケージをダウンロードしてインストールしなくても、Ubuntuの、より統合が、このようにLibreOfficeの3.5.0をインストールできるPPAを報告しています。

Ubuntuの11.10と10.04のために、あなたはそれがすでに前のバージョンでインストールされていることを考えて、PPAを追加してから、LibreOfficeの3.5.0へのアップグレードを行う必要があります。

sudoのアドオンはapt - リポジトリPPA:LibreOfficeの/ PPA
須藤はapt-getは更新
須藤はapt-getをdist-upgradeを

distのアップグレードを行うことを希望しない場合にも、更新マネージャを更新することによって行うことができる。

あなたは、この場合、あなたはそれを持っているか、あなたがそれを持っている場合、それを再インストールしないでください、パッケージをインストールする必要があり、まだ機能していない、グローバルメニューをLibreOfficeの統合を持たない可能性があります。

このために、我々は次のコマンドを使用します。

須藤はapt-getはLO-メニューバーを削除
須藤はapt-getはLO-メニューバーをインストール

あなたが最初の行を持つグローバルメニューの統合をインストールしていない場合は削除するので、それをインストールするには、次の行で先行しないパッケージがインストールされていないことがわかります。

OpenOfficeやLibreOfficeの3.5.0は、それを交換したいのUbuntu 10.04とのそれらのためのインストールは、次の行を使用して、LibreOfficeのをPPAを追加し、OpenOfficeのを削除し、インストールする必要があります。

須藤はapt-getをパージOpenOfficeの*
須藤はapt-getをインストールするのLibreOffice

一度インストールすれば、我々は、適用可能なように、GNOMEやKDEとのより良い統合することができます:

GNOME用::

須藤はapt-getをインストールLibreOfficeの-GNOME

KDEの場合:

須藤はapt-getをインストールLibreOfficeの-KDE

Ubuntuの11.04のためのLibreOfficeは、これらの指示では省略された理由、その最新版ではまだ利用できません。

LibreOfficeの3.5.0は、ほとんどのディストリビューションのリポジトリにデフォルトで追加されます、しかし、いくつかはしばらく時間がかかるかもしれないが、あなたは常に手動でインストールすることができ、Ubuntuので起こったか、あなたはまた、間のopenSUSE 12.1に行うことができます他のディストリビューション。

フォント

EasyTAG:効果的にあなたの音楽を整理

EasyTAGビューと包括的で使いやすいインターフェイスを備えた複数のフォーマットの編集ID3タグ。

それは、より簡単に各曲のID3タグを入力し、変更を元に戻すと、別のプログラムからファイルを開くためにFreedb.orgとGnudb.orgを使ってCDDBをサポートしています。

総合的なツールは常に私たちはとてもよく組織聞いているか知っているし、どんな曲を失うことなく、あなたの音楽コレクションを持っている。

特性

  • MP3、MP2、MP4 / AAC、FLAC、Vorbisのオッグ、猿のオーディオおよびMusePack:あなたが最も一般的なフォーマットを扱うことができます。
  • ID3バージョン1(タイトル、アーティスト、アルバム、年、ジャンル、コメント)とバージョン1.1(トラック/曲の情報)で動作します。
  • 自動タグ:自動的に(マスクを使用して)特定のタグを埋める
  • それは、(マ​​スクを使用して)タグから、またはテキストフ​​ァイルからファイルやディレクトリの名前を変更することができます
  • あなたは、(手動または自動検索で)Freedb.orgを使用して、CDDBを使用することができます
  • ファイルヘッダ(ビットレート、時間、...)と、試料中の情報をお読みください。

編集ID3タグ

あなたが中央のペインにフォルダを選択するとラベルが表示されてすべてのオーディオファイルを編集することができます。 その後、CTRL(不連続選択)またはShiftキー(連続選択)を使用して、1つまたは複数のファイルを選択することができます。 右側には、「ID3タグ」セクションのフィールドの情報があります。

すべてのファイルを選択した後、私はCDDBデータベースにアクセスするためには、CDのように見える質問ボタンをクリックしてください。 通常は、ディスクが変更されていない場合は、あなたのripeasteあなたのレコードコレクションのためか、誰が最初の機会に手がなかったので、あなたがディスクを見つける。 そうでなければ、あなたは常に手動で検索を行うことができます。

各フィールドの右側にラベル "手"を変更するには正方形で、フィールド値をクリックすることにより、この広場には、選択したすべてのオーディオファイルに適用されます。 したがって、決して圧力が「タイトル」は、複数の選択を行うボタン。

あなたが変更を完了したら、フォルダを変更する前に情報を保存しますが、変更は失われます。

インストール

あなたは次のように入力して、端末からインストールすることができます:

sudoの適性をインストールeasytag

.aacと.m4aのファイルを編集するには、パッケージeasytag.aacをインストールする必要があります。

須藤はapt-getをインストールeasytag-AAC

フォント

Debianのエドゥは、テストのために利用可能なRC2を6.0.4

Debianのエドゥは別名プロジェクトによる成果も取り込まは最終版に近づいて、第二のリリース候補6.0.4 RC2をリリースしています。 バグを修正し、主にいくつかの機能が追加されます。

DebianのエドゥはRC2が候補として知られている開発の中で最も安定な相の第二のリリースです6.0.4。 ますます安定したバージョンを研磨手放すが、それでも様々なバグを修正することを考えたのでそれはまだ試してみて、バグを報告している保つために出版物である。

このRC2のハイライトの中では、比較して、その前身にある:

  • freerdp-X11は、RDPやVNCクライアントの代わりに、rdesktopのようにデフォルトでインストールされます。
  • バックアップシステムでは、データベースと再起動のダンプを処理する際のより堅牢である。
  • ..今、あなたは、新しいメディアを挿入するシンクライアント上でのリムーバブルメディアの処理を改善するには、デスクトップ上に通知を表示し、イルカ起動するオプションを提供します。
  • マニュアルのDebianエドゥのスクイズは、デンマークに翻訳されています。
  • そして、もっと。

導入された変更に関するより詳細な情報が記載されていますリリースアナウンス

プロジェクトによる成果も取り込ま6.0.4 RC2は、完全なインストールのための最小限のインストールCDまたはDVD用のマルチアーキテクチャ上のISOイメージとして提供されています:

ダウンロード6.0.4 RC2プロジェクトによる成果も取り込まCD(ISO)

プロジェクトによる成果も取り込ま6.0.4 RC2のDVDをダウンロード(ISO)

他mirrosと上のインストール情報プロジェクトのwiki

次のリリースはRC3が今年の3月4日のために利用できるようになりますです。 その後は安定した2012年3月11日のようにリリースされる予定。

プロジェクトによる成果も取り込まとして知られるエドゥDebianの「スクイーズ」は、Debianベース版はあなたが学校のネットワークを構築するために必要なすべてのものを持つ学校を目指しているである。 これは、デフォルトのデスクトップkgeography教育用アプリケーションCELESTIA、drgeo、のgcompris、GeoGebraでは、kalzium、ソルフェージュやkgeographyを持っています。

|プロジェクトによる成果も取り込まプロジェクトページwww.slx.no

フォント

WattOS R5

これは、LinuxディストリビューションのUbuntuに基づいており、グラフィカル環境としてLXDEを使用しています非常に貧しい機器への非常に軽いお勧めします。

ただいくつかの変更がなされてきたR5版をリリースし、最も重要なものは以下のとおりです。

    • カーネルにアップデート3.0.0-16
    • 新しい音楽プレーヤーは、音楽ストリーム検索のための大胆なプラグインをに変更
    • ビデオプレーヤーのためにギコナビに変更
    • 削除ネイティブメールクライアント
    • すべての新しいグラフィックス編集プログラムペイントをインストールし
    • インストールされた新しい電源管理ユーティリティ
    • 木星と最新のpowertopをとXFCE4パワーマネージャを含む。
    • フラッシュに付属するサポートにみどりのWebブラウザクロムから変更
    • デフォルトで含まれたチーズとのより良いウェブカメラのサポートを追加しました。
    • 。他の小さな微調整や改善がたくさん - ACPIを含め、PowerTOPは、psensor(多くのユーティリティの一時管理が変更さ含ま
    • ネットワーク管理者へのWicdを変更

あなたはからWattOS R5のLiveCDのISOイメージをダウンロードすることができますダウンロードページ

フォント

利用可能なMyUnity 3.0

新しいcaracteríticaとして新しいコンフィギュレータ、エディタとセレクタクイックリストのテーマとアイコンをもたらします。

Ubuntuの12.04にデフォルトで含ま来るMyUnityのバージョン3.0。 このバージョンでは、私たちは、透明性とランチャー、またエディタクイックリストとあなたはGTKを使用したいテーマを選択する場合でもオプションの他のオプションの値を変更することができます設定ウィザードが含まれています。

あなたがMyUnity 3.0としてのUbuntu 12.04、ちょうど更新の以前のバージョンを使用している場合、リポジトリにある。 あなたがUbuntuの11.10とUbuntu 11.04を使用しているなら、あなたはこれらのリポジトリを使用する必要があります。

sudoのアドオンはapt - リポジトリPPA:MyUnity / PPA
須藤はapt-getは更新
須藤はapt-getをインストールMyUnity

フォント

歯ぎしり0.8.10、GNUのFlash Playerの新バージョン

歯ぎしり、GPL v3の下でリリースされたフリーのFlash Playerは、他の機能の中で、マウスホイール、クリップボード、画面解像度をサポートQt4をGUIを使用してバージョン0.8.10に達している。

歯ぎしりは、バージョン11.2の後には、Adobe Flash Playerに自由な選択である 、もはやダウンロードページを経由してLinuxをサポートする唯一のあなたがChromeで含めるためのGoogleとAdobeが働いているペッパーAPIを介して、 MozillaはFirefoxに含めるため、この作業に参加したかったしていないながら。

しかし、それぞれの新しいリリースは、将来的にそれらをより実行可能にすることができな側面を改善するためにやる仕事のまだ短いものの、最終的には、Adobe Flash Playerが取って代わることができる歯ぎしりのような無料の選択肢があります。

歯ぎしり0.8.10がマウスホイール、クリップボードおよび画面解像度をサポートQt4をGUIのような新しい機能を備えています。 また、ポップアップを中止する前に時間を調整するためのスクリプトを限定的にサポートしています。

彼は、OpenVGのサポートrendereadoがonSoundComplete()イベントサウンド、改善されたGUIを実装し、フレームバッファサポートのタッチスクリーンと、いくつかのエラーを修正するをサポート追加追加しました。

すべての変更のリストはで見つけることができchanglogバージョン

歯ぎしりは、Flash PlayerをダウンロードしてくださいとFirefox(およびGeckoベース)、クロム及びKonquerorのようなブラウザ用のプラグインであり、最もGNU / Linuxや* BSDディストリビューションで利用可能です。

これは、バージョン7でSWF形式の機能のほとんどをサポートしていますが、他はまだバージョン8、図9、図10に見られるので、それはまだベータ版では考慮一定の開発、である。

このバージョンは、これまでに、ほぼすべてのディストリビューションに更新として見つけることができるかからダウンロードすることができ歯ぎしりページ使用のディストリビューションに応じてそれを行う方法の説明が提供されています。

フォント

FrostWireは5.3.2 - P2Pクライアント

FrostWireは、よく知られているLimeWireのに基づいてのP2Pクライアントのオープンソースの新しいバージョンが利用可能です。 それは、そのためには、Windows、Mac OSおよび上のほとんどすべてのオペレーティングシステムのバージョンが用意され、Javaで書かれているのGNU / Linux

FrostWireははGnutellaネットワークを使用しますが、また、ビットトレントと完全な互換性があります。

Ubuntuのでそれをインストールするには、あなたの確認することができますダウンロードページあなたはdebパッケージを見つけるでしょう。

フォント

VlSub:VLCから字幕を検索してダウンロードする

VLCSubはのための拡張機能であり、VLCの検索およびダウンロードができます字幕をから直接opensubtitles .ORG。 VLCSubはまた、スペインは明らかであるなど、複数の言語をサポートしています

拡張子がバージョンのために働くのVLCより大きい1.10、私は私のセットアップでは、おそらくいくつかの詳細を、バージョン2.0を試してみましたが、運がなかったが、応じWebUpd8は動作するはずだ。

ダウンロードとインストール

からプラグインをダウンロードここに

その後、〜/ .localの/共有/にダウンロードしたファイルを移動/コピーする必要がVLC / LUA /エクステンション

ディレクトリが存在しない場合は作成する必要があります

これらのすべてのステップは、私は、コンソールから直接ランニング要約ん
ます。mkdir -p〜/ .localの/共有/ VLC / LUA /エクステンション。 wgetの-o http://addons.videolan.org/CONTENT/content-files/148752-vlsub_0-2.lua vlsub.lua。 vlsub.lua MV〜/ .localの/共有/ VLC / LUA /エクステンション

最後に、それだけで再起動がかかるのVLCを 、ビューメニューでは、拡張機能がインストールされて見ることができます。

あなたはビデオファイルを開くときに、我々は字幕をダウンロードして、私たちのビデオに同意する人のリストを提供したいどのような言語尋ねます。 あなたが希望する複数が選択されて表示され、[Download]をクリックしを与えると自動的にダウンロードされた字幕をロードされます。

フォント

パッケージ署名GPG GNU / LinuxのUbuntuとミントの問題を解決

はじめに

未定アクションの後、おそらくオペレーティングシステムに新しいパッケージリポジトリを追加し、私は適性とリポジトリ内のパッケージのインデックスを更新する際に、これらのGPG署名のようなエラーが出るようになりました。

W:GPGエラー:http://archive.ubuntu.com夢のリリース:以下の署名が無効であった:BADSIG 40976EAF437D05B5 Ubuntuのアーカイブ自動キー署名<ftpmaster@ubuntu.com>
W:GPGエラー:http://ppa.launchpad.net夢のリリース:以下の署名が無効であった:BADSIG B9316A7BC7917B12ランチパッドchrislea
W:GPGエラー:http://ppa.launchpad.net夢のリリース:以下の署名が無効とされた:BADSIG B6C6326781C0BE11 LaunchpadはあなたがUbuntuの上でのRuby / Railsの開発に必要なすべての
W:GPGエラー:http://ppa.launchpad.net夢のリリース:以下の署名が無効であった:BADSIG C2518248EEA14886 LaunchpadのVLC
W:署名​​検証中にエラーが発生しました。 リポジトリは更新されず、前のインデックスファイルが使用される。 GPGエラー:http://ppa.launchpad.net夢のリリース:以下の署名が無効であった:BADSIG C2518248EEA14886 LaunchpadのVLC

ソリューション

この状況を改善するには、以下に示す手順に従った。

前の手順の中にダウンロードをローカル·ファイル·システムに格納されたパケットを清掃してください。

$須藤クリーンapt-getを

名前を変更し、インデックスリストパッケージは、現在のオペレーティング·システムによって処理(移動、または削除します)。

$須藤のMVに/ var / lib / apt /リストは/var/lib/apt/lists.old

注文指数は、現在ご使用のオペレーティング·システムに登録リポジトリに含まれるパッケージの一覧が表示されます

$ sudoのapt-getをアップデート

フォント